渋野日向子、スタンレーレディス

美人ゴルファー?

 

渋野日向子ちゃんの形容詞としてはふさわしくないのでは?と思った人、多いよね。

そう思うならどうぞ。

「美人だ」と思われる方は、どうぞ引き続きご覧ください。

 

 

2021年、スタンレーレディスで1年11ヵ月(ほぼ2年!)ぶりの優勝を決めたシブコこと渋野日向子選手。

華々しいスタートを切った彼女、きっと本人が意図しないほどに周囲が馬鹿騒ぎし、順位が常に注目されました。まるで最盛期のAON(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)や、女子プロでは原英莉花ちゃん、最近では稲見萌寧ちゃんみたいに。

そして勝てなければ批判されもしました。

 

注目したいのはわかるけどさ、全英女子オープン優勝したとき、まだ21歳だで。

マスコミのおエライさんたち、協会の先輩方、21歳のときナニしてた?

そもそもメジャーを勝ってる選手って少ないんでしょ?

知ってる?笑

 

多種多様な重圧、プレッシャーに耐え、でもいつも笑顔「スマイルシンデレラ」を放ち続け、鍛錬を欠かさなかったゴルフが花開きました。

 

おめでとう。

 

 

 

 

動画エロタレスト

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事