あの人にまた会いたい

なんの用事だったか覚えていませんが、その日はいつもより早めに退社、電車に乗りました。

早めに仕事を終えるために急いだためか、オフィスから駅まで走ったためか疲れてました。

ふと気づくと、おしりのあたりに何か触れている感じが。

風がなでるように、スカートに触る何かがある。

痴漢だと思い、でも痴漢男性に睨まれるのがこわく、振り返らずに手で払いました。

しばらくすると、また“そよ風”がスカートに。

 

はしたないのですが、それが気持ちよく、痴漢の手を払おうとするのに、力もはいらないくらい。

気づくと、痴漢の触感を味わっている自分がいました。

 

《緊急特別企画》【電車痴漢】★初レズ痴漢!★ゆず故障の女子スタッフ(20)が美少女J○に潮を吹かせる★J○の反撃ハプハプニングも

 

すると、わたしの手首をしっかりつかんで、停車した扉から出て、ひっぱっていく綺麗な女性。

「痴漢から助けてくれたんだ」といううれしさと、でも「痴漢の快感から離れた」少しの残念と。

 

彼女は女子トイレまで、一緒に逃げてくれました。

しかも個室まで一緒にはいって。

かわいいトイレ、清潔で広めの個室だったからよかったんだけど。

 

「大丈夫?」

「はい、助けていただき、ありがとうございました」

「気持ちよかった?」

 

えっ?

驚いているわたしのスカートに、彼女は手を伸ばしてきました。

「もしかして?」

「そう、わたしよ」

言い終えると彼女は、個室の扉を閉め、カギをかけました。

彼女が痴漢だったのです、

 

「気持ちよかった?」

「は、はい」

 

女医と看護婦

 

痴漢に襲われ、「気持ちよかった」などと言うべきではありません。

でも同性であり、女性のわたしが美人と思うほどの彼女、本音が出ました。

声になるようなならないようなつぶやきとうなずきに、彼女は優しくキスしてくれました。

そして、スカートもめくられ、指が下着に。

 

「ほんとに気持ちよかったのね。とても湿ってるわよ」

顔から火が出そうなほどに恥ずかしさを感じました。

でも、わたしのパンティーを触る彼女の指から感じる快感が、それを上回りました。

 

彼女はわたしの前にしゃがみ、パンティをおろしました。

M字に開脚した彼女のパンチラに、どきどきが増幅します。

 

「ほら、パンティーにねばねば液がびっちょり糸ひいてるわよ」

 

彼女にクンニされました。

彼氏からも感じたことのない、やさしい愛撫が身体を突き抜けていき、立っているのがやっと。

それに気づいたのか、彼女は優しくわたしを便器に座らせ、股間を舌と指でいじられました。

 

イってしまいました。

 

「ごちそうさま」

「あ、あの。また・・・」

 

また会いたいと言おうとしたけど、彼女は人差し指を立てて「聞こえるわよ」とジェスチャーでわたしを黙らせ、軽くキスしてくれて去っていきました。

 

翌日以降、その電車の時刻にあわせ、同じホームの同じ車両に乗り続けていますが、レズ痴漢の彼女にはまだ再会できてません。

早く会いたい、そう考えるだけで、パンティーはいつも濡れています。

 

《緊急特別企画》【電車痴漢】★初レズ痴漢!★ゆず故障の女子スタッフ(20)が美少女J○に潮を吹かせる★J○の反撃ハプハプニングも

 

 

 

 

↓サンプル動画です↓

動画エロタレスト

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事